halukaブログ

やっぱり海が好き!

胡蝶蘭の魅力。花言葉は、幸福が飛んで来る。

豪華絢爛(ごうかけんらん)に咲く胡蝶蘭(こちょうらん)。

水を差し過ぎると、たちどころに枯れてしまう。

植木鉢の表面の土が乾いたころに水を差してみると、

まるで音を立てるかのように水を吸う。

 

「生物は逆境にあるときが一番生き生きしている」 by.糸川英夫氏。

 

胡蝶蘭の「胡蝶(こちょう)」とは、「蝶(チョウ)」の異称。

源氏物語の巻名にもあるが、ここでは、「蝶」としてご紹介したい。

胡蝶結び」という紐の結び方もある。

祝い事の際、

水引きなどが蝶の羽を広げたような形に結ばれているのを目にされた方は多いのでは。

祝儀の袋飾りがそれだ。

「胡蝶」という名の紋所もあり、

やはり、蝶が羽を広げた形が描かれている。

 

f:id:halukablue:20180728003344j:plain

 

胡蝶蘭は、ファレノプシス属の洋ラン。

蝶が羽を広げて舞っているかのような姿として目に映ることから、

そう名付けられたという。 

常緑の多年草で、原産はフィリピン、台湾など東南アジア。

湿った岩壁などに太い気根で着生しているが、

その美しさから、ご存じの通り、観賞用に多く栽培されている。

他の属との交配種も多く、

花は、清純さを思わせる白以外にも黄色やピンク、

紫、青などバリエーションに富んでいる。

贈り物としての胡蝶蘭は、誕生祝いや結婚式などの慶事に限らず、

起業や開店、就任など、さまざまなビジネスシーンでも人気が高い。

特に白は、純粋さ、清潔さを象徴する色として、

ビジネスの場面でも重宝される。

 

ご縁のある方から先日、胡蝶蘭をいただいた。

花言葉は、「幸福が飛んで来る」。

ありがたい。

さて、けれど、それだけではなさそうだ。

 

岩壁に太い気根で着生する。

身に余る水をもらえば枯れてしまう。

乾いたときには、音を立ててでも水を吸う。

逆境に立つ…

 

果たして、胡蝶蘭の魅力とは、

観賞に堪えるその美しさと、優美な花言葉だけなのでしょうか。

陰に隠れて、普段は見えない、力強さ…

はい。haluka、考え過ぎ、考え過ぎです。)^o^(