halukaブログ

やっぱり海が好き!

星に願いを! 7日は七夕。JAXA惑星探査機「はやぶさ2」は小惑星「リュウグウ」へ!

今週のお題「星に願いを」

f:id:halukablue:20180704190245j:plain

七夕(たなばた)が今年も近づいた。

7月7日の夜、願い事を書いた短冊や飾りを笹(ささ)の葉に吊るし、

天に願う。「どうぞ、お願いします」と。

今年の七夕は土曜日なので、

あちらこちらで催されるお祭りもにぎわうことだろう。

浴衣姿も多いことだろうから、空模様にも期待したい。

そのころ、宇宙の彼方では…

日本から打ち上げられた惑星探査機「はやぶさ2(Hayabusa2)」が、

新しい挑戦に臨む準備を進めている。

f:id:halukablue:20180704190403j:plain

宇宙航空研究開発機構JAXA)の惑星探査機「はやぶさ2」は、6月末、

地球から約3億キロ離れた小惑星リュウグウ(Ryugu)」近くに到達した。

はやぶさ2」は、3年半の間、

太陽の周りを回りながら「リュウグウ」を目指していた。

さぞかし寂しい、一人旅だったに違いない。

太陽の周りを回っていたので、

リュウグウ」近くに到達するまでの総飛行距離は、

32億キロに達しているという。

3億キロ、32億キロ…

なんだか、すごすぎて、

頭の中に具体的なイメージが湧かない。

太陽系の成り立ちや、生命の起源の手掛かりに迫れるか、

大きな期待が懸かっている。

あまりの距離に具体的なイメージは湧かないが、

宇宙の謎の解明に、わくわく感だけは湧いてくる。

地球から3億キロの彼方にいる、その「はやぶさ2」は、

小惑星リュウグウ」のそばに、

これから1年半とどまって、観測を本格化させる。

f:id:halukablue:20180704190446j:plain

その上で、秋ごろ、「リュウグウ」に着陸し、岩石の採取に挑む。

うまくいけば、

2010年に世界で初めて、小惑星の岩石を地球に持ち帰った、

初代「はやぶさ」に続く成果。

日本が世界に先行する小惑星探査だ。

はやぶさ2」は、その初代「はやぶさ」の後継機。

先代機から改良されたエンジンをはじめ、

岩石を採取する仕組みなど、さまざまな改良が加わっている。

リュウグウ」の岩石は、その表面と地下からも採取する。

そのための目玉機能の一つが衝突装置。

リュウグウ」の高度約500メートルから、

爆薬と重さ2キロの銅板が入った装置を放出。

爆発で球状になった銅を表面にぶつけて、

直径2メートル、深さ50センチの人工のクレーターを作る。

その際、「はやぶさ2」は、爆発に巻き込まれないよう、

小惑星リュウグウ」の裏側に回り込む作戦だ。

3億キロの彼方で、そんな技を使いこなすとは。

採取には「サンプラーホーン」という装置が使われ、

舞い上がった岩石の破片などを捉える。

小惑星の地下は、放射線など宇宙からの影響を受けにくく、

46憶年前に太陽系ができた頃から変質していない物質がある、

と期待されているという。

46億年前…

昔すぎる…

また、想像がつかなくなった。

ただ、ただ、すごい。

順調なら、「はやぶさ2」は、

2020年末ごろ、「リュウグウ」の岩石を胸に地球に帰還する予定だ。

星に願いを。

小惑星に夢、多かれ!