halukaブログ

やっぱり海が好き!

奇跡の一本…少女の名は「レイラ」

f:id:halukablue:20180527013656j:plain

1本の木。希望。奇跡…

くまモン。きょうも元気かな。

熊本県のPRキャラクター。

キャラクター界で人気、抜群(ばつぐん)。

その、くまモンの地元が揺れた。

熊本地震

そこに住む方々。

ゆかりの方々。

たくさんの方々が傷ついた。

熊本市街地に建つ城。

海外にも名を知られる熊本城も傷ついた。

あれから2年。

城の天守閣がよみがえりつつある。

屋根から落ちた2体のしゃちほこも、

市街地から見えるようになったと、

新聞で読んだ。

土台が崩れ、奇跡的に柱状に残った石垣は、

「奇跡の一本石垣」と呼ばれて、

いろいろな方々の支えになった。

しかしまだ、苦難と闘っている方々もおいでだ。

「奇跡の一本…」は、あの東北大震災でも人々の心を支えた。

津波に襲われた岩手県陸前高田市

その海近くに残った、70,000本の中のたった1本の松の木。

塩害でのちに枯れはしたが、大津波に耐え、生き残った。

「奇跡の一本松」と呼ばれた。

しかしまだ、苦難と闘っている方々もおいでだ。

再建中の熊本城では「復興城主」の寄付制度も設けられている。

だれか任せじゃなくて、みんなでなんとかしたい。

そんな思い。

3年前の5月。

奇跡の一本松を題材にしたDVD付きの一冊の絵本が出た。

「希望の木」(東京法令出版刊)。

文は「千の風になって」の曲を手掛けた芥川賞作家の新井満さん。

絵は「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」(美術監督)の山本二三さん。

主人公は少女「レイラ」。

奇跡の一本松を擬人化した。

繊細で透明感のあるレイラの表情。

津波に立ち向かう父や仲間たちが描かれた。

東京の中央区であった発売イベント。

スクリーンに映った山本さんの絵を背景に、新井さんが朗読。

生きている人が思い続ける限り、

亡くなった人は心の中に生き続ける。

新井さんの言葉。

自分に刻み込む。

f:id:halukablue:20180527013921j:plain

きっとどこかに希望の木