halukaブログ

やっぱり海が好き!

Lyric(リリック)。心に残る「歌詞」

f:id:halukablue:20180512020435j:plain

「君が叶えたい夢なら」

「うつむいて泣いたりしないで」

旋律にGackt の歌声が重なる。

自分のギターを初めて手にしたのは14歳の頃。

楽譜が読めたわけじゃない。

アンプから流れる音を聴いていた。

そしてまねをした。

右利き。

ギターを抱いて、左手の指先で弦に触れてみる。

人差し指も中指も薬指も小指も弦を押さえきれない。

うまくできないことばかりだった。

つまずいてばかり。

学校の授業が終わって。

バスケットボールの練習も終わって。

けど、疲れてなんかいなかったのかな。

夜遅くなってもギターを抱いていた。

コードを覚えた。

1フレーズ。1フレーズ。

少しずつ弾けるようになっていた。

旋律に言葉をのせれば、歌になる。

とりこになった。

街角の路上で、バイオリンを弾く人に出会ったことがある。

とっても上手だった。

じっと聴いた。じっと見つめた。

指先が手品師みたいに弦をつま弾いていた。

けどきっと、初めは同じだったはず…。

あの歌といつ出合ったのだろう。

覚えていない。

 

~君が追いかけた夢~

夢。

あきらめちゃいけない。

叶う。

いつか、かならず!