halukaブログ

やっぱり海が好き!

空が一番きれいな時間。コカ・コーラを片手に海からの贈り物を探す日。

ニトリップ。

ビラボンのキャップとTシャツ、ビーチサンダルがあればいい。

朝早くに目覚めた。

ベッドを置いた部屋にもう朝日が差し込んでいた。

パンを焼いて、早めの朝食を済ませる。

東に向いた砂浜に貝殻を探しに行った。

立夏を過ぎて、この時季の波打ち際は愛(いと)おしい。

日は強くは照らず、優しく差す。

風は強くは吹かず、優しくそよぐ。

波は、絶えることなく、優しく寄せる。

通り掛かりの自販機で買ったペットボトルのコカ・コーラを片手に、

裸足で砂浜を歩く。

サンダルは、砂浜に続くコンクリートの階段にぽつり。

少し寂しげ。

波打ち際に寄せる貝殻たちが過ごしてきた旅を思う。

砂浜に上がった貝殻の大きさや形はさまざま。

色合いも白や黒。薄い茶色やダークグレー。

数えきれない。

自然の個性がいっぱいだ。

さざ波が運んでくる貝殻模様は無限。

赤や黄色、虹色も交じっている。

二枚貝、巻き貝、カキ…

名も知らぬ貝殻たち。

海の青と空の青に映って、どの色も輝いて見える。

今日は雲がいない。

透き通った青空。

「空が一番きれいに見える時間は、な~ん時?」

なんていうなぞなぞがあったな。

答えは「虹(にじ=2時)」だって。

幼い子どもたちに受ける、テッパンなぞなぞ。笑

サンダルを脱いできたコンクリートの階段を振り返る。

人々は去ることなく、浜辺にたたずんでいる。

何を思い、何を話しているんだろう。

今は空になってしまって、砂浜に届いた貝殻だけど、

深い海の奥底にいたとき、

そこには躍動する命があったはずだ。

空になる前。

空になってから。

貝殻たちは、いったいどんな旅をしてきたのだろう。

深い海の底の光景を一緒になって眺めてみたい。

太陽の光が届く限り。

太陽の光が届かないほどの深海にも。

命がある。きっとある。

その命たちは、いったいどんな息吹を営んでいるのだろう。

息吹を営みながら、どんな旅路を続けているだろう。

海沿いの道を走ってみようか。

ハンドルをゆっくり切りながら。

久しぶりに、のんびりと海沿いの道を走ってみたい。

ガソリンを満タンにして、ランチする店を探しておく。

お気に入りのジーンズとTシャツに薄手のアウター。

次の休日は、小さな旅に出よう!

知らない場所で、新しい風を探してみよう。

今はまだ、知らないだれかと巡り合えるかもと、

貝殻はつぶやいてくれるかな。

f:id:halukablue:20180506232616j:plain
さざ波が海からの贈り物を届けてくる
コカ・コーラ ペットボトル 500ml×24本

コカ・コーラ ペットボトル 500ml×24本