halukaブログ

やっぱり海が好き!

2人のビヨンセとソルティドッグの夜。

いつものカウンターバーに向かう。

入り口の木製の引き戸にたどり着いて、扉の取っ手をつかむ。

段差のある小さな″上がり″に2段、足を踏み入れる。

カウンターまでの数歩手前。

幅1㍍ほどの店の入り口の半分ほどを囲むように取り付けられた、

やや腰高の木製の手すりから右半身を少し乗り出して、

左手の側面に視線を投げる。

ビヨンセ

f:id:halukablue:20181010182532j:plain

 

ビヨンセ・ジゼル・ノウルズ。

シンガーソングライターとして、

あるいは音楽プロデューサーとしてあまりにも有名だ。

 

そのビヨンセ

店のカウンターの奥に掛かる額つきのポスターが、

カウンターの背の位置の壁に掛かる大作りの銀の鏡に写る。

斜度90度の秘密。

鏡面に反映される固有の角度があって、

″2人のビヨンセ″は、その立ち位置からしか見えない。

いつものサントリーウイスキーとは違ったアルコールをオーナーに求めた。

ソルティドッグ

2㍍×1㍍の鏡の中のビヨンセに背を見つめられながら、

ゆっくり味わうグラスの淵の岩塩は、いわずとしれて、格別…