halukaブログ

やっぱり海が好き!

雨中のサーフィン。それでもストレッチは忘れずに。

朝、早めに目覚めて窓の外を見ると、

そう強くはありませんでしたが、

路面を覆うアスファルトを雨脚が打っていました。

 

見上げると、曇天。梅雨ですね。

普段だと気が滅入ってしまうパターンですが、日曜日。

「まあいいか。行くだけ行ってみよう」。

そんなふうに思って、簡単な朝食を済ませ、

サーフボードと、

10リットル分の水を注いだポリタンクを車に積み込みました。

 

向かったのは、自宅から南に30分と少しの浜辺。

駐車場に入ると、来てます、来てます。

日曜日とあって、朝から、波を狙ったサーフィン好きの皆さん。

午後からは雨が強まるという予報でしたから、

なおさらのことだったかもしれません。

 

運よく空きスペースがあったので、車を入れ、

まずは、浜辺まで波を見に出ました。

パーカーを頭から被ったサーファーらしき方々が、

何人か、海に視線を投げていました。

 

雨は降り続いていましたが、風は強くなく、

肌寒さはあまり感じません。

 

浜を眺めると、メローな小波が打ち寄せています。

「せっかく来たんだ。入ろう」。

そんなふうにやる気になって、着替えることにしました。

 

f:id:halukablue:20190630141517j:plain

 

ウエットスーツを着込んで、サーフボードにワックスを塗り付けます。

車のロックを確認して、準備オッケー。

駐車場から歩いて、砂浜に続く階段へ。

そこに、ビーチサンダルを脱ぎ置いて、裸足になりました。

 

海砂にサーフボードを置いて、首と肩をゆっくり回してストレッチ。

それから、ひざと足首。

片ひざを交互に海砂につけて、脚をいっぱいに伸ばします。

思いっきり両肩を開いて、空気をいっぱい吸い込みます。

全部吐いては、また吸い込む。

海砂に寝転んで、空を見上げる。

雨粒がバシャバシャと顔を打ちました。

 

仰向けに寝転んだまま、両腕で、片っぽうずつ、ひざを抱き上げ、

股関節を柔らかく。

もう一度、胸いっぱいに空気を吸う…深呼吸。

 

海に入る前のストレッチ運動は、とても大切です。

体の柔軟性を取り戻し、ゆっくりと体を温めるだけでなく、

ケガや事故の危険性を低減させる目的もあります。

海のコンディションを見ながらでも出来る事なので、

ぜひ、オススメです。

 

サーフィンに限らず、運動の前後のストレッチは、

筋肉の緊張を解いてリラックスさせたり、

疲れを和らげる効果もあるといいますから、

いわば、必須ですね。

 

ストレッチしている間、耳元には、波の音がずっと聞こえていました。

アキレス腱や肩甲骨回りを伸ばしたとこで、ふっと一息。

リーシュコードを足首に巻いて、サーフボードを小脇に。

波打ち際の海浜に自分でつけた足跡が続いています。

2歩。3歩。

 

波間は、小さなうねりが膨らんで割れる音。

うねりが白く戯れて、スープになる。

さざめく潮騒

 

「やっぱり、来てよかったな」。

そんなふうに思った一日でした。

 

 

クリエイチャーズ リーシュコード 6ft PRO 6 (LT.BLUE)

クリエイチャーズ リーシュコード 6ft PRO 6 (LT.BLUE)

 

 

 

10秒で絶好調になる 最強のストレッチ図鑑

10秒で絶好調になる 最強のストレッチ図鑑