halukaブログ

やっぱり海が好き!

TVでも話題になった筋膜リリース! 筋膜リリース体験第3弾に行ってきた!

前回までは、肩回りのお手入れ。

それまで固まっていた感じの両肩が、

「ぽきぽき」音を鳴らしながら、ぐるぐると回り初めている。

今回は初めて、腰回りの筋膜リリース体験に挑戦した。

いつものように予約を頼りに療術院へ。

「実は腰にも張りがあって…」と、

もはや″主治医″と化した施術師さんに訴えると、

「はい、そうでしょうね。分かってましたよ」と笑顔。

気合十分で挑んだ手前、少々、間が抜けてしまった。

f:id:halukablue:20180709003048j:plain

筋膜は、コラーゲンとエラスチン繊維でできた、

縫い目のない一枚の布のようなもの。

全身を覆うタイツだとイメージすると、いささか分かりやすい。

なので、この″布″のどこかに「よじれ」ができると、

全身に影響が出る、という。

つまり、「腰痛はあるけど、肩こりはない」とか、

「肩こりだけが、ひどい」ということは本来、ない話だと。

そうした場合は、肩か腰かのどちらかの痛みやこりを強く感じているために、

もう片方の自覚症状が出にくい、という具合だ。

で、施術用のベッドに座り待つこと、1分ほど。

やってきた施術師さんは、「まず、仰向けになってください」。

「え? 腰ですよ」とは思ったけれど、そこは素直に仰向けに。

すると、盲腸の下の辺りというか、

脚の付け根付近を、施術師さんの両手の指先がぐいっと。

あわや、うめき声を上げそうになった。

痛い、痛いのだ。

左右の脚の付け根を引き伸ばされながら、胸の内で悲鳴を上げていると、

「じゃ、そのまま、右脚を下しにして、横向きになってください」と。

今度は、脚の付け根辺りの内側をくいっ、くい、くいっと。

右と左を交互に。

うめき声どころではない。

ぐっとこらえたけれど、実は、叫び声を上げそうだった。

「そんなところが、痛い、なんて」って感じである。

「腹膜(ふくまく)と股関節が硬くなってます。まず、ここを緩めますね」と、

施術師さんは変わらず笑顔だ。

背骨を支える脚の付け根部分の筋肉の緊張が強すぎるらしい。

かたや、腹部の内臓を覆う腹膜(ふくまく)は日頃、

内臓を正しい位置にとどめて、

内臓が正常に働くためのサポートをしている。

同時に、その腹膜内には、

内臓を持ち上げるための「腹圧」が常時かかっているので、

その緊張を緩め、内臓が正しい位置に戻るよう促すのだと。

腸の落下やねじれも腰痛の原因になることがあるらしく、

施術で徐々に筋膜、筋肉の緊張を解いて、

本来の機能を取り戻させるのだと教わった。

おまけだが、今回は、

「肋骨(ろっこつ)も硬めですよ」と指摘を受けてしまった。

f:id:halukablue:20180709003124j:plain

パソコン作業などで、同じ姿勢を続けていると、背骨回りが硬くなり、

肋骨の動きも良くなくなるので、呼吸が浅くなってしまう原因になるらしい。

人生100年時代、といわれる。一億総活躍社会。

その一方で、「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」の予備軍は増える傾向だと聞いた。

もはや健康管理は、「義務」の時代になったようだ。

「1週間ほどしたら、今度はもう一度、肩甲骨(けんこうこつ)ね」。

見送ってくれた施術師さんは柔らかな笑顔だった。

さて、コラーゲン、摂らなきゃ。

おいしいもの、探しに行こっと!