halukaブログ

やっぱり海が好き!

暑中お見舞い申し上げます! かもめ~るで一筆献上。

7月は文月(ふづき・ふみづき)。

盛夏、炎暑、大暑の候。

猛暑のみぎり。

天の川、美しき頃。

涼風の欲しいこの頃…

 

8月は葉月(はづき)。

残暑の候。

立秋とは名ばかりで。

晩夏のみぎり。

夏休みも残りわずか。

土用明けの暑さもひとしお…などなど。

f:id:halukablue:20180711005951j:plain

 暑中お見舞いの季節。

それもやがて、残暑お見舞いに衣替えする。

郵便局では、くじ付きはがき「かもめ~る」(1枚62円)も販売中。

見掛けると「お気に入りの万年筆で一筆献上しよう」と、

3枚セットや5枚セットを買い求めています。

日頃のご様子伺いにしても、メールやLINE(ライン)、

SNSが主流になってはいるけれど、

手書きの手紙やはがきをいただくのは、やっぱりうれしい。

その手紙やはがきで悩むのが、ごあいさつの初めの一行。

そこで、冒頭ご紹介したような時節のひとことを添えると、

暑中お見舞い、残暑お見舞いの一葉が、ぐっと書きやすくなります。

暑中お見舞いやお正月の年賀状は、

手書きのはがきを出す機会をつくってくれる、

絶好のきっかけにもなってくれます。

 f:id:halukablue:20180711010726j:plain

今夏、2018年の「かもめ~る」販売は、8月24日(金曜日)まで。

「夏」をあしらったイラストや、

人気アニメのキャラクターのイラストが入った絵はがきもあって、

選ぶ楽しさもあります。

近くの郵便局や日本郵便のホームページからも購入できて便利。

「かもめ~る」のくじの抽選日は9月3日(月曜日)。

「現金賞(現金1万円)」は、10万通に3通。

「選べる賞(QUOカード2,000円分か、ふるさと小包み2,000円分)」は、

10万通に5通。

「切手賞(62円切手10枚)」は、1万通に5通。

それはそれで、送る側もいただく側も、

一服の涼風のような楽しみを運んでくれそうです。

そもそも暑中お見舞い、残暑お見舞いは、

「このお暑い中、いかがお過ごしですか」、

「こちらは、なんとか元気ですよ」と、

ふだん、ごあいさつを欠いてしまいがちな方や、

お世話になっている方へ安否伺いや、

近況をお伝えする時節のごあいさつ状。

なので、あまり堅苦しくならず、

お互いに酷暑が少しでも過ごしやすくなるよう、

簡潔な書き綴りが好まれるといいます。

梅雨明けも間近。

心に残る気になる方に一筆執るのもよさそうです。

今年の立秋は8月7日(火曜日)。

立秋と言いながら、日中はまだまだ涼しくならない頃合い。

その頃までは暑中お見舞い。

それからは、残暑お見舞いの時季と考えて、

「そちらはいかがお過ごしですか?」

「こちらは元気です!」と、

手書きの一葉もきっと喜ばれるのでは…

そんなことも感じるこの頃です。