halukaブログ

やっぱり海が好き!

「散歩会議」で、セロトニンの分泌を促せ!

アメリカで、「ウオーク&トーク・ミーティング」という手法が

広まっている、とか。

「座りすぎは、喫煙と同じくらい、体に悪い」というが、

会議室やカフェで座って話し合うのをやめて、

ウオーキング(散歩)をしながら、

会議や打ち合わせを進める、というもので、

アップルの創業者・故スティーブ・ジョブズ氏が好んだ、という。

従来、事務的な会議や仕事は、部屋の中で、

周囲の雑音をさえぎって進めるのが、

効率のよい方法だと考えられてきている。

けれども、現代社会では、

そうした価値観が少しずつ変わってきているのかもしれない。

柔らかな景色や穏やかな人の流れを見ながら会議をすると、

室内では生まれないような、新しい発想を生むかもしれない。

歩くことは、脳の活性化にもなるので、

″幸せホルモン″ と呼ばれる神経伝達物質セロトニン」の分泌が、

ウオーキングで促されるとも言われている。

セロトニンは、いらいらや、不安感を緩和して、

気持ちを落ち着かせるだけではなく、

脳内で、「記憶」や「学習」に関する働きをする、

「海馬」にも影響を及ぼす。

そう考えると、″散歩会議″ は、確かに、

従来なかった、「新しい何か」を生み出すかもしれない。

 まるで、スティーブ・ジョブズ氏のように。