halukaブログ

やっぱり海が好き!

変わってしまうもの。決して変わらないもの。

「変わらないものなど、この世には、ない」。

     by. 恩田陸さん

 

栄養のバランスを考えながら、

暴飲暴食を自分なりに慎んで、

ある程度、

規則正しい生活を心掛ければ、

身体状況は、改善するだろう。

そんな風に考えると、

命も愛も、人間関係も、

”一定不変” だ、とは、なかなか、

言い切れは、しない。

そんな世界に生きて、それじゃあ、いったい、

何を信じれば、いいのか。

”自分” だ。

”自分自身が纏っている(まとっている)可能性” だ。

それだけは、疑っては、いけない。

そう、haluka は、考えます。

時間の経過は、あらゆる事物、事象に、

何らかの変化をもたらす。

そうは言いながら、

自分の意思や努めが、実を結ばないでも、ない。

お相手のお立場や、お気持ちを思いやることで、

いい人間関係も築ける。

人に出来る事は、限られて、いるのだろうか。

「人間の能力には、限界がある」といった言い回しは、

本当なのだろうか。

世の中に、一定不変、というものは、ない、

のだろうか。

haluka の愛は、不変。

君は、自由。

恩田陸さんは、日本の作家。

 

 

私と踊って (新潮文庫)

私と踊って (新潮文庫)

 
ライオンハート (新潮文庫)

ライオンハート (新潮文庫)

 
月の裏側 (幻冬舎文庫)

月の裏側 (幻冬舎文庫)