halukaブログ

やっぱり海が好き!

今日という日を満足のいくものに!

待ち合わせにぴったりのバーがある。

繁華街のかど。

週末のテーブルは、語り合う大人たちでおおよそ満席。

ガラスの扉がひっきりなしに開いたり閉まったりする。

分かりやすい場所にあるし、

遅い時間でも開いているので、

時折、その恩恵に授かって、老若男女と待ち合わせをする。

いつものカウンターバーに向かう前に、

今日は顔見知りと待ち合わせ。

その間のオーダーは、

いつものサントリーウイスキー角瓶の水割り。

その店のラムコークも好きで、時々、お願いする。

ラムのほのかな甘さと炭酸が溶け合って、

約束の時間まで唇を濡らすのにちょうどいい。

f:id:halukablue:20180713225151j:plain

そんなとき、時間つぶしに、

たまに持ち歩くメモ帳をバッグから取り出す。

使い古しているけれど、お気に入りの一冊。

メモの中身はというと、

アルコールが前頭葉を諫(いさ)めている最中のこと…

その日のちょっとした出来事や、明日の予定。友達との約束。

どちらかと言えば、

たわいもない、思いつきだったり、

ふと思い出した小さな用事だったりもする。

ただ、翌朝になってそのページをめくってみると、

何と書いてあるのか、

自分でもよく分からないこともしばしば。

酔いのせいだろう。

へなへな文字。

何を書こうとしていたのか、判読できない始末だ。

自らに暗号解読という難解な課題を課しているようなもの。

さて、その待ち合わせのバーのテーブルは、相変わらず、満席続き。

カウンターの隅に空きを見つけて、一人、小さくなってウイスキーの水割りを頼む。

テーブル席で、友達や仲間とあれこれ話しながらの一杯も好きだけれど、

待ち合わせの刹那(せつな)なら、

カウンター席が断然、楽しいように感じる。

バーの面白さは、飲み物を作ってくれるバーテンダーさんの手際を眺めるのも、楽しみの一つだから。

待ち人、来たらずなのか、

静かに杯を重ねていらっしゃる方もいれば、

待ち人への催促か、スマホを手放さない方もいらっしゃる。

時間はそれぞれに過ぎていく。

思い思いに過ごすひととき。

今夜も街のあちこちで、

小さなドラマが幕開けを待っているに違いない。

主人公じゃなくても、脇役でもいい。

その小さな一場面に立ち会えたなら、その瞬間を楽しもう。

「今日を走り切る!」

今日という日を、どう満足のいくものにするか。

一日一日の小さな積み重ねが毎日の生活につながる。

夢中になって、「今日」を過ごしていくうちに、

「気が付いたら、問題は解決していた」ってことだって、たまにある。

「今日、一日の花を摘(つ)め」。

by.ホラティウス