halukaブログ

やっぱり海が好き!

「寝食も忘れるほどの恋をしたことは?」。映画「リスボンに誘われて」。

こんにちは、halukaです。

今日は、再び、映画「リスボンに誘われて」へのお誘いです。

 

ポルトガルの首都・リスボン

イベリア半島を流れるテージョ川河畔の古い街並みを残す都市を舞台に、

初老の男、ライムント・グレゴリウスが、

見知らぬ人々との予期せぬ出会いを重ねながら、

新しい人生と向き合っていきます。

主人公の初老の男、ライムント・グレゴリウスは、スイスの高校教師。

演じているのは、「運命の逆転」でアカデミー主演男優賞を得た、

ジェレミー・アイアンズ

リスボンの街並みが醸す情緒に、

眼鏡姿のライムントが見事に溶け込んでいきます。

 

f:id:halukablue:20190705191637j:plain

ライムントの専門は古典文献学。

変哲もない日常を送っていたある日、歩いて出勤途中の雨の中、

赤いコートを着て橋の欄干に立ち、

川に飛び込もうとしていた長い髪の若い女性を間一髪、

抱き込むように助けます。

雨に濡れた二人は、散らばったカバンやファイルを拾い、

女性はいったん、ライムントと共に学校の教室まで連いて来ますが、

なぜか、その女性は赤いコートを教室に置いたまま、

姿を消してしまいます。

 

残されたコートのポケットから出てきた1冊の古い本と、

リスボン行きの片道切符。

本に書かれた、ひと言、ひと言に魂を揺さぶられるライムント。

著者アマデウに会おう思い立ち、

そのままリスボン行きの夜行列車に飛び乗ります…

 

本の著者アマデウは、しかし、若くして亡くなっていました。

 

そこから、平凡だったライムントの人生は思わぬ方向へ走り出します。

1970年代のポルトガルで何が起こっていたのか。

若い反逆者の命懸けの反体制運動と熱烈な恋。

 

「寝食も忘れるほどの恋をしたことは?」

 

情緒豊かで美しくもあるリスボンの街を走る路面電車

駅のホームに響く靴音…

 

監督は、「ペレ」でカンヌ映画祭パルム・ドールに輝いた、

ビレ・アウグストデンマーク)。

 

人生の新しい発見を描いた作品。

お好きな方でしたら、パスカル・メルシエのベストセエラー小説

リスボンへの夜行列車」のご一読もおススメです。

 

2度見ですが、やはり名作だと感じました。

リスボンに誘われて [DVD]
 

 

 

リスボンへの夜行列車

リスボンへの夜行列車