halukaブログ

やっぱり海が好き!

七転び千起き!!! 決して 諦めないこと。人生は手八丁口八丁!

「七難八苦(しちなん はっく)」は、

とてもじゃないけれど、やってられない、

たくさんの難儀、苦労のこと。

戦国時代の武将、山中鹿之助が、

夜空の月に向かい、「天よ、我に、七難八苦を与えたまえ」と、

祈ったというエピソードは、

皆さま、ご存知の通りです。

七難は、仏教世界でいう、今の世の七つの災い。

八苦は四苦八苦に由来する。

「七縦八横(しちじゅう はちおう)」は、

ちりじり、ばらばら、になること。

あるいは、戦いで、もうめちゃくちゃに、

あるいは、さんざんに敗れること。

紙や書が、

縦にも横にも切れ切れになってしまうこと。

「七転八起(しちてん はっき)」は、

七転び八起き、のことで、

何度、幾度、失敗しても、屈しないこと。

Never  give up!

「転んだのは七回なのに、どうして八回、起きるの?」、

なんて、思わないでください。

「転んだままに、しない」ことが大切だと、

haluka は、勝手に考えております。

七とか、八という「数」は、

具体的な「回数」を指し示しているのではなくて、

「多くの無限のチャンスがある」ことを

示唆(しさ)しているのでは、

ないでしょうか。

諦めない限り…。

「七花八裂(しちか はちれつ)」は、

一つのものが、

七つにも八つにも裂けて、

こなごな、微塵(みじん)になること。

たとえ、そうなっても、

決して諦めないこと。

Please never  give up !(^.^)

  #七難八起 #ことわざ #手八丁口八丁

自閉症の僕の七転び八起き

自閉症の僕の七転び八起き

 
あるがままに自閉症です (角川文庫)

あるがままに自閉症です (角川文庫)