halukaブログ

やっぱり海が好き!

名ぜりふ「アイル・ビ・バック」のアーノルド・シュワルツェネッガーが復帰。映画「ラストスタンド」。

アメリカ・カリフォルニア州知事の任期を終えた、

アーノルド・シュワルツェネッガーの久々の主演映画。

静かな町に、突然訪れた危機に立ち向かう保安官として、

アーノルド・シュワルツェネッガー自らが、

最後の砦(とりで)となって戦う。

リーダーに求められる判断力。

「守るべきものを守り切る」という気概。

アーノルド・シュワルツェネッガーの魅力がたっぷり。

 

アメリカとメキシコとの国境の町。

保安官レイ(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、

ロサンゼルス市の元刑事。

犯罪とは無縁の田舎の町で、引退同然の生活を送っていたレイだが、

ある日、「移送中に逃走した凶悪犯コルテスが、

時速400キロのスーパーカーで国境に向かっている」と知らされる。

FBIの捜査が混乱する中、頼みの綱のSWATチームも壊滅し、

レイは、わずかな仲間とともに、

凶悪犯コルテスが率いる武装集団と対決する。

アーノルド・シュワルツェネッガーが、

リーダーとしての風格と、巧みな頭脳戦を見せつける。

素人同然の仲間をまとめ、

繰り出す奇策で、

敵を翻弄(ほんろう)する手腕がさえる。

 

限られた時間のなかで、難しい判断を迫られるのはリーダーの常。

アーノルド・シュワルツェネッガーの復帰にふさわしい一作。

悪玉コルテスの脱走シーン、

スーパーカーのカーチェイス

肉弾戦。

アクション映画としても楽しめる。 

ラストスタンド Blu-ray