halukaブログ

やっぱり海が好き!

とっておきのカクテルとホイットニー・ヒューストンの歌声

f:id:halukablue:20180627230730j:plain

毎日 毎日

私は望んでる

今日こそ最高の私を見せようと

今は一人だけど孤独じゃない

最高の日はまだ訪れてないの

 

傷つきながら

一歩ずつ前に進む

悦(よろこ)びを味わうため

苦しみに立ち向かうの

いい時も悪い時もあるけど

そのすべてを通して

こんなにも多くのものを得た

 

私が欲しいのは歴史の中の一瞬

考えられない力が出せるとき

すべての夢はときめきと共に消え去り

すべての答えが私自身に委ねられるとき

歴史の中の一瞬を私にちょうだい

私は運命と駆ける

そしてその一瞬に

私は永遠を感じる

 

私は最高になるために生きてきた

すべてが欲しい

むだにできる時間はない

計画は十分に練った

今こそチャンスに懸ける

この両手に

 

歴史の中の一瞬を私にちょうだい

考えられない力が出せる一瞬を

すべての夢は鼓動と共に消え去り

すべての答えが私自身に委ねられるとき

歴史の中の一瞬を私にちょうだい

私は運命と駆ける

そしてその一瞬に

私は永遠を感じる

 

あなたは人生の勝利者

その一瞬をつかんだら輝かせて

 

歴史の中の一瞬を私にちょうだい

信じられない力が出せる一瞬を

すべての夢はときめきと共に消え去り

すべての答えが私自身に委ねられるとき

歴史の中の一瞬を私にちょうだい

私は運命と駆ける

そしてその瞬間

私は自由を手に入れる

(Sing by.ホイットニー・ヒューストン

「ONE MOMENT IN TIME」より。

(ワン・モーメント・イン・タイム)

f:id:halukablue:20180628000407j:plain

 お気に入りのバーで、

すてきなBGMに出合った。

今日はいつもと少し違って、

洒落たカクテルがカウンターを飾ってる。

飲み干すのがもったいない。

そのカウンターにホイットニー・ヒューストンの歌声が流れる。

映画「ボデイガード」で、

名優ケビン・コスナーと演じたサスペンスは面白かった。

圧巻のステージ場面は印象的で、

あの迫力は並大抵の歌唱力では表現できなかっただろう。

サウンドトラックは全世界で3000万枚超をセースルした。

幼い頃から、ゴスペル、ポップ・ソングをこなして、

チャカ・カーンのバックコーラスも務めてたはずだ。

その歌声。リズム。

人々を魅了するために生まれ持った歌唱力に違いなかった。

そんなことを思いながら、

グラスを何度か口に運ぶ。

この店のマスターは博識だ。

「どうして、そんなに何でも知ってるの?」

って聞き返したくなる。

「いやいや、まあまあ」って、マスターは逃げるけど、

相当なところ、好奇心旺盛で、勉強もなさってる。

そうでないと、このお店の雰囲気は出ない。

ホイットニーは、GRETEST LOVE OF ALL で、

こうも歌ってる。

 

もう誰にも頼らないと決めたのは、ずいぶん前

失敗しようと、うまくいこうと

自分の信じるままに行きたい

私から何を奪い去ろうと

尊厳だけは奪えない

f:id:halukablue:20180628000315j:plain