halukaブログ

やっぱり海が好き!

チームとは何か? チームワークは何を教えてくれるか?

f:id:halukablue:20180628222455j:plain

バスケットボールを夢中で追い掛けていた。

授業が終わると一目散に体育館に行って、着替えた。

かかとやつま先が潰れたアディダスバスケットシューズは、

あちこちを何重にも補修テープで巻かれて窮屈そうだった。

道具を大切にすることを知った。

ボールを磨いて、体育館の床をぴかぴかに拭き上げた。

仲間を大切にすることを知った。

練習がつらいとき。

捻挫(ねんざ)して走れないとき。

全然、上達しないとき。

そばに仲間がいてくれた。

チームの仲間。

切磋琢磨(せっさたくま)という言葉を知った。

自分よりドリブルで速く走れる仲間がうらやましかった。

自分よりロングシュートが上手な仲間がうらやましかった。

チームだったから、頑張れた。

自分もそうなろう。

越えてみせる。

仲間を越えようとして、気づいた。

大きな壁は、一人で乗り越えられるものじゃない。

苦しみは、一人で抱え込むものじゃない。

「信じるつらさ」を知った。

自分のことを思って、言ってくれているんだ。

チームメート。

仲間なんだ。

ロングパスを出すとき、こう思う。

「あそこに誰かが走る」

「きっと、届く」

チームワーク。

競技だから、ゲームで負けるときもある。

自分のミスだって一度や二度じゃない。

イージーミスは、チームのためにはならなかった。

けれど、懸命に跳んで、懸命に走って、

それでも届かなかったときは、そこに仲間がいた。

イージーミスでさえ、

ゲーム中は笑って声を掛けてくれる仲間。

練習のときの厳しさが、ゲームのときの笑顔につながる。

仲間に頼ってばかりじゃいけない。

個の力を伸ばさない限り、チーム力は上がらない。

個の力を伸ばすために、チームがあり、

伸びた力を試すためにゲームがある。

ゲーム中、ベンチを立って声援を送ってくれる仲間。

バンドの練習と同じだった。

ステージで笑うには、

練習ボックスで怒鳴り合わなければいけなかった。

自分を信じることで、チームを、仲間を信じることができる。

自分で自分を信じなければ、チームを、バンド仲間を…

せっかく立った大舞台で信じることはできない。

個の集合体。

磨き抜き、鍛え抜いた個が互いを信じ合うことで、

信じられない力を生む。

初めからチームがあるわけじゃない。

チームはつくるもの。

そのチームの中で、個を磨き、

チームワークに磨きをかける。

夢に近づく。

目標は、「とてもじゃないけど手の届かないところ」に置く。

終わったときに、手が届かなかったとしても、

そこには、笑顔のチームメートがいる。

インターハイ高校野球、全国高校文化祭。

季節が近づいている。

集え!

幾千のチームメート!

夢に挑め!

f:id:halukablue:20180628222529p:plain