halukaブログ

やっぱり海が好き!

恋愛小説も歴史書もすてきだ。自由と、楽しさと、夢は等価。

フランスの作家で批評家だったシャンフォール(1741~1794年)は、

「結婚より恋愛の方が人は好きだ。それは、恋愛小説の方が、歴史書より面白くて楽しいという理由と同じだ」と遺したといいます。

史書は、事実にできるだけ基づいて、書き残されます。

もっとも、その時々の国や地域や政治的背景や社会的思想によって、

史実が書き消されたり、

書き直されたりという歪曲(わいきょく)はありますが、

それは、自分自身で、世界を学べば、やがて見えてきます。

なので、ふつう、歴史を自分勝手に書き換えることは、

倫理上、教育上、そのほか、いろいろな理由によって、

してはならないことでしょう。

 

「歴史に、もしも、はない」との謂われ(いわれ)に倣うと、

「自分の人生にも、もしも、はないのだ」という気になります。

その時々で、最良の選択をしてきた結果が"今" 、というわけです。

一方、恋愛となると、

いくらでも自由に自分の創造力(想像力)や、空想力を発揮して、

自分好みの "愛の世界" に浸ることができるでしょう。

 

小説は、その作品を綴る作家の空想力や、

創造力(想像力)が、基礎、土台になるのですから、

その自由度は青天井です。

 

そうした恋愛(小説)の延長線上にあるように見える結婚はと言いますと、

当然ですが、無数の「現実」に正対しなければなりません。

恋愛的空想にも、自ずと、限界が生じるというものです。

もうお分かりの通り、

自分勝手に変えられない、

史実にも似た自分史という現実と向き合わなくてはならないからです。

健康、経済力、人生観、場合によっては親戚付き合いまで、

「日々の生活」が待っています。

だからこそ人は、

創造力(想像力)を思う存分発揮できる「恋愛時代」を忘れたりは、しないのです。

そう、「自由」は、楽しいのです。 

 #恋愛 #恋愛小説 #歴史 #最良の選択 #自由は楽しい