halukaブログ

やっぱり海が好き!

波にのまれたら立て直す。何度見てもやっぱり感動。実話の映画化「ソウル・サーファー」

こんにちは、halukaです。

久しぶりに懐かしい映画を自宅で観賞しました。

実話に基づくサーフ・ムービー「ソウル・サーファー」です。

以前にもご紹介したことがあるのですが、

連日の思わしくない空模様で、海に出掛ける機会も少なく、

ふと、棚から引き出した次第です。

 

映画化された当時は、

近くのシネマコンプレックスで封切りを待ちわびた覚えがあります。

 

主役は、13歳で″天才サーファー″といわれた、

アメリカ・ハワイ州出身のベサニー・ハミルトン。

幼い頃から、家族や友人と時間さえあればカウアイ島の海に飛び込み、

プロサーファーになることを夢見てサーフィンを楽しんでいた少女。

ナイト サーフィンにこっそり出掛けたり、地元の大会で活躍するなど、

サーフィンが青春そのものだった彼女。

 

そのベサニーがある日、サーフィン中にサメに襲われてしまいます。

シャーク・アタック。

2003年10月の朝、海面でサーフボードごとサメに噛まれ、

緊急搬送されますが、左腕を失ってしまいます。

映画「ソウル・サーファー」は、そのベサニーが、

家族や親友に囲まれ、励まされ、

あるいは決意を固めながら、再び立ち上がる姿を描いています。

ベサニーを演じたのはアナソフィア・ロブ

 

シャーク・アタックという突然の悲劇が起こったのは、

地元のコンテストで優勝し、

スポンサー話も舞い込もうかという時でした。

 

一命は取りとめますが、左腕は切断。

退院後、サーフィンを再開するなどチャレンジが始まります。

初めて片腕でテイクオフを決めるシーンは胸に響きました。

けれども、片腕がないために、大波が来ると、

波の下にサーフボードの先端を押し込んで波を潜り抜ける

ドルフィン・スルーが出来ず、

外海に出るパドルアウトが難しいなど、大きな壁にぶつかります。

 

一度は、海から離れるベサニー。

父のトム(デニス・クエイド)、母のシェリー(ヘレン・ハント)、

2人の兄、友人たちの支え。

片腕でサーフィンに挑むベサニーの姿は大きく報道され、

世界中からファンレターが舞い込みます。

少しずつ、ベサニーが変わっていく。

 

そして、ベサニーは、再び決心します。

「地区大会で優勝する」。

 

ドルフィン・スルーのために、

父トムがサーフボードの先端近くに短いロープを仕込んでいた技には、

やはり今回もうなりました。

 

ネタバレになってしまうので、

だれのセリフか、ここでは書くことは控えますが、

「うんと楽しんで、これからの人生のすべてを」。

「人生はサーフィンに似ている。波にのまれたら立て直せばいい」。

ひと言、ひと言が胸に残る映画です。

 

 

 

ソウル・サーファー

ソウル・サーファー