halukaブログ

やっぱり海が好き!

サーフィンは自然が相手。波のない朝、曙の海で気分だけはリフレッシュ

こんにちは、halukaです。

 

早朝、海に向かいました。

自宅を出たのは、まだ日も明けやらぬ頃。

途中のセブンイレブンで、

おにぎりと伊藤園のおーいお茶を買い込んで、

海岸まで、のんびりドライブです。

 

国道を走り抜けて、浜辺につながる細い舗装道に入ると、

2、3台、サーフボードを積み込んだ4WDが前を走っていました。

ロングボードを積み込んでいる車もいます。

同じ浜辺を目指しているのは間違いなさそう。

けれど、その細い舗装道。

浜辺に向かう車ばかりではなく、

早くも、浜辺から国道側に対向してくる車もいました。

つまり、帰り道。浜辺から引き上げて来ている様子です。

行き来する車同士。

互いに道を譲り合いながら、交錯します。

 

浜辺に着いてみて、分かりました。

無風、面ツル。

一見、いいコンディションですが、

残念ながら、まったく波がありません。

打ち寄せている白波は、ほんのくるぶし程度。

こうなると、サーファーは、お手上げです。

早々に引き上げて行った先行組みの思惑も分からずもがな。

きっと、他の浜を目指したのでしょう。

f:id:halukablue:20190710111751j:plain

 

仕方なく、セブンイレブンで買い込んだ、おにぎりとお茶を持ち出し、

もぐもぐと朝食です。

そのまま、砂浜に続く階段に腰を下ろして、黙って水平線を眺めていると、

太陽光が雲と空と海面を少しずつ、オレンジ色に染めていきます。

 

早朝の静かな海の風景。

一日の始まり。

先着組みの何人かも、それぞれに海を眺めています。

誰も彼も、サーフボードを持ち出す雰囲気はありません。

そもそも、ウエットスーツに着替える様子がありません。

 

 

「せっかく来たのに」…。

そんな気持ちを引きずりながら、

みんな分かっているのでしょう。

「こんな朝もある」。

「静かな海もいい」。

「そのうち、いい波に当たる」。

 

なんと言っても、サーフィンは自然相手です。

自分にばかり都合良くは、当然ながら、いきません。

海が荒れて入れない日もあれば、

波がなく、ただ眺めるだけの日も。

そこがまた、魅力でもあると思っています。

 

今年は何だか、梅雨が長く感じます。

そろそろ明ける頃でしょうか。

夏を待ち遠しく感じながら、

曙の海を眺めていました。

そのうち、きっと、いい波に出合えるはずです。

 気分だけは、リフレッシュ。