halukaブログ

やっぱり海が好き!

秋サンマにサザエ、船中八策とBrandy。言うことなし。

 

季節が移ろい、口に入る食材も少しずつ、風物を語るようになってきた。

サンマは代表格か。

f:id:halukablue:20180911181517j:plain

 

炭火でじっくり焼かれたそれは、皮は焦げず、

内身まで、しっかりと火が通っている。

そこに、サザエをお願いする。

サンマにのった薄い脂と、サザエのこりこりとした食感。

サザエと一緒に銘酒・船中八策を1合だけいただく。

 

f:id:halukablue:20180911181533j:plain

 

胃袋が満ち、語り口が欲しくなる。

通い慣れた木目のテーブル席を目指して、街路を歩く。

お願いしたのは、Brandy

Brandy  をブランディと書くか、ブランデーと書くか。

外国語を日本語のカタカナに直して書くという作業は、

なかなかに気を使うことになるというか、書き手の行く手を阻む要素だ。

まあ、どう書いても、アルコールの度数が変わるわけではない。

40度はある。

今夜は、こちらのテーブル席でいただこうとしているBrandyと、

さきほどの船中八策でのほろ酔いは、間違いない。

 

 

f:id:halukablue:20180911181552j:plain

 

強いお酒だ。

初めは遠慮深く、静かに水割で。

後々、ぐっとくる舌触りを期待して、

角ばった氷のコロリンという響きとともに、

少しだけ濃いめをお願いする。

口当たりがよくなった頃には、ほどよく気分もほどけてくる。

今夜は少し甘口のBrandyだけれど、

たまには苦いお酒を飲むことだってある。

そんな時は、連れだった、分かってくれる人、との語り口が、

気持ちを和らげてくれる。

BGMに乗って井上陽水の歌声が聞こえる。

Make up Shadow かな。

メーク アップ シャドー   なのか、

メイク アップ シャドウ なのか。

 

9月も半ばに差し掛かった。

季節はすぐすぐに過ぎゆく。

時を過ごしながら思う。

木枯らしの吹く頃には、友とまた、温かい時間を過ごしてみたい。