halukaブログ

やっぱり海が好き!

ザ・シュリンプ・ウイーク(エビ週間)! 第2弾 季節もの ウリソーメンをいただく!

f:id:halukablue:20180628014011p:plain

前回の「エビ週間」が意外と好評だったので、

第2弾を味わいに出掛けてみた。

気まぐれクックのかねこさんに感謝、である。

慣れたお店ののれんをくぐる。

生ビールを注文しつつ、

早速、まずは、当然、伊勢エビ!

水槽の中から、200グラムほどの一尾を選んでいただく。

静かに待つこと10分ほど。

丸いお皿に、ややピンクがかった活きづくりが、どん!

ぷりっ、ぷりの食感が、見ているだけで伝わってくる。

もう、静かにしていられなくなる。

ついさっきまで水槽で泳いでいただけあって、

放つ香りまで新鮮というか、生鮮というか…

ひげの付け根がまだ、もにょもにょ、動いているではないか。

見ているだけで、お腹がぐんぐん、空いてくる。

本日のハードワークもなんのその。

添えの柑橘(かんきつ)、かぼすを搾って、

生わさびを箸ですくう。

伊勢エビの身がこうごうしく見える。

おいしいか、なんて聞かないでください。

舌にのせると、舌の上で甘辛くなって、

コラーゲンとか、

グルコサミンとか、

そのほかにも、きっと、なんとかとか。

もう何も言うことがない…

で、前回は終了してしまったのですが、

その前回のエビ週間と違うのはここから。

今回は、エビ週間に加えて、

「季節のものをもっといただこう」週間!

そこで、女将(おかみ)さんにお薦めをお尋ねして、

お願いしたのは、なんと、「さっぱり ウリソーメン」。

f:id:halukablue:20180628020158j:plain

つやつやの黄色をした細い繊維状に切り分けられたウリ。

季節が過ぎると、身が硬くなるので、

今がウリソーメンの旬の時季だという。

器の薄だしに、添えのかぼす、ネギ、

ほんの少しの生わさびを落として、

箸の先で軽くかき回して、なじませる。

そこに…

今度は大胆に箸の先で繊維状のウリをぐっとつかむ。

その勢いのまま、どさっと口の中に放り込む。

どさっと、なのに歯でかみ砕く必要を感じない。

ほんのひと噛み、ふた噛みで、

繊維状のウリがとろける味わいだ。

繊維質、たっぷり。

ビタミンもたっぷり。

お値段表をみると、これで一皿500円だった。

なんだか、丸もうけの感覚である。

まだ、もう少し、お腹に余裕がある。

生ビールもお代わりしたばかりだ。

迷った末に選んだのは、

「なんこつ入り 月見つくね」(600円)。f:id:halukablue:20180628021104j:plain

これは、もう大正解。

まず、箸の先で、

厚さ3センチほどのつくねを所々、突く。

頃合いを見計らって、卵黄を箸の先でぶすりと刺す。

つくねと卵黄が絡み合って、程よい色合いになっていく。

つくねを細切れにして、口に運ぶ。

今度は、歯応え、しっかり。

なんこつのコリコリが、生ビールに合う。

いやあ、贅沢三昧(ぜいたくざんまい)!

ビール、お代わり!

えーっと、明日、何時起きだっけ…(^_-)-☆