halukaブログ

やっぱり海が好き!

梅雨明け、間近! ルームエアコン フル稼働で快適睡眠! アズノールうがい液から得た教訓とは!

f:id:halukablue:20180704221632j:plain

失礼ながら例えば、「歯ブラシで目を磨く」方、おいででしょうか。

おそらく、あまりいらっしゃらないとは思うのですが、

「絶対にいらっしゃらない!」と、

そう言い切れないところが、現代の妙。

「いらっしゃるかも」しれないのだ。

このところの余りの蒸し暑さに根負けして、

寝室の自慢の三菱電機ルームエアコン・霧ケ峰を冷房設定最強に。

タオルケットをかぶって、気持ちよく、一晩ぐっすり眠った。

すると翌朝、やってしまった。

あ! 声が出ない。

いや、出るのだけれど、その声は低くて、がらがら。

梅雨なのに、乾いてる。

夏風邪でもひいてしまったかのような、かすれ声。

小さな咳(せき)込みが止まらず、

どう考えても、喉(のど)を痛めた。

きっと、眠りながら、口がぱかっと、開いていたに違いない。

(あー、恥ずかしい)

そそくさと、行き慣れた耳鼻咽喉科さんに向かった。

「喉の奥に白い小さな泡状のつぶつぶがあります」。

「乾燥しているのかな。うがい薬を出しますね」。

ひと安心、である。

 処方箋の明細をみると、処方された「うがい薬」の名は、

アズノールうがい液4%」。

で、家に帰って、早速うがいをしようとして、たまげた。

f:id:halukablue:20180704213525j:plain

 「目には入れないこと」。

うがい液が入ったミニボトルを保存するためのビニール袋に、

赤字でそう、はっきり記されている。

うがい液を目に入れる人がいた、か、あるいは、いる、のであろう。

確かに、「常識は疑うため」にある。

1543年、コペルニクスは「地動説」を唱えた。

アレクサンドリア文明以来信じられてきた、

プトレマイオス地球中心説「天動説」に対したのだ。

いわく、太陽は、宇宙の中心にあり、

地球が自転しながら他の惑星とともに太陽の周りを回っている、

という宇宙構造説。

もちろん現在では常識となった。

けれどもその当時、「そんなの、とんでもない話だ」と、

コペルニクスがひどい目に遭ったのは、皆さまご存じの通りである。

だから、「うがい液を目に入れる」方がいらっしゃっても、

いいのかもしれない。

薬局さんか、あるいは製薬会社さんが間違っているかもしれないのだ。

そこで、

アズノールうがい液4%」に添付されていた説明書を読んでみた。

f:id:halukablue:20180704214039j:plain

けれど、

「口の中や喉の炎症を抑えます」

「1回押し切り、または5~7滴を100ミリリットルの水で薄めてうがいしてください」

「誤って飲んでも大丈夫です」

くらいしか分からず、

「目に入れてもよいかどうか」は、

インターネットでもなかなか検索できない。

検索エンジンであちこち回って、

アズノールうがい液」の主成分は、

「アズレンスルホン酸ナトリウム水和物」というもの、

だとは分かった。

けれど、それが何なのかは、もちろん知らない。

無知すぎるのか、好奇心が足りないのか、自分。

あー、ややこしい。

ただ、今のところ、

「それが常識かどうかは断言しかねる」けれど、

 自分のなかでは、

「アズレンスルホン酸ナトリウム水和物」は「目には入れない方がいい」、

という論理(ロジック)だけは組み上がったようだ。

ようやく、ひと息ついた。

自慢の三菱電機ルームエアコン・霧ケ峰の出番。

今夜の設定は、冷房控え目。

さ、うがいして、寝よ!

皆さま、おやすみなさい。

目には入れないように気をつけます。(^_-)-☆