halukaブログ

やっぱり海が好き!

波と戯れ(たわむれ)、もてあそばれて。やっぱり海が好き!

 

f:id:halukablue:20181108182758j:plain

 

海に出た。

久しぶりだ。

ひと月はたったか。

仕事に追われていた。

人付き合いに追われていた。

やり遂げるために、避けることのできない、一つ一つ。

それを丁寧に片付けて、休日を得た。

ウエットスーツを着こんで、

車からサーフボードを引っ張り出し、ワックスを塗り込む。

少しだけ、胸が高まる。

かすかな低気圧が近づいている。

あらかじめ、波を見に浜に出る必要はない。

うねりが来ていることは、承知だ。

十分にストレッチをして、

砂浜に裏返していたサーフボードを左脇に抱え上げる。

波に踏み込む。

久しぶりだ。

15分ほどで3本乗る。

少なくはない。

久しぶりだ。

両脚のすねに鈍い痛みを感じる。

そのまま続ければ、軽く痙攣(けいれん)するだろう。

固まっていた足首が解けてきた証しだ。

痛みを感じながらボードに立つのは切ない。

リーシュコードに頼って刹那(せつな)。

波に身を任せて、漂う。

インターバル。

秋の青い空。

すねの鈍い痛みが消えていく。

うねりとの間合いを見る目も、勘を取り戻してきた。

眠っていた体が、息を吹き返す。

手首、肘(ひじ)、肩。

胸筋、腰、脚が連係を始める。

久しぶりだ。

うねりを待つ。

前乗りは、禁物。

5メートルほど左手に浮いているホワイトボードと視線が合う。

互いに、すっと小さく手をふる。

ワンラウンド。

久しぶりだ。

お決まりのパーリングも ”決まった”。(^_-)-☆

名残。

波は去らず、時が去る。

頬に軽い張り。

太陽を浴びた。

久しぶりだ。

次は、いつかな?

明日…?は、仕事か…(^_-)-☆