halukaブログ

やっぱり海が好き!

映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」

 

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス [DVD]

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス [DVD]

 

シンプルでいて、カラフルに描き出される日常。

草木や動物たちの愛らしい姿。

感性豊かなタッチで素朴派と呼ばれ、

「カナダで最も愛された画家」と呼ばれるモード・ルイス。

映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」は、

彼女の半生とともに、逆境で育む夫婦の絆を伝記的ドラマで描く。

舞台は、カナダ・ノバスコシア州

子どもの頃から重いリウマチで障害のあるモード(サリー・ホーキンス)は、身内からも疎(うと)まれていた。

ある日、モードは、魚の行商で生計を立てていた漁師のエベレット(イーサン・ホーク)と出会う。

エベレットが「家政婦募集」の張り紙を掲示板に出していたのだ。

束縛のきつかった叔母と暮らしていたモードは、

住み込みの家政婦になろうと決める。

家政婦と雇い主。

モードとエベレットの2人は、

街はずれの粗末な小屋で共同生活を始める。

「仕事ができない家政婦はいらない」と、

エベレットは荒っぽい。

けれど、モードは、エベレットのために懸命にチキンスープを調理し、

好きな絵を描いて過ごす。

その無邪気さと懸命さが、やがてエベレットを変えていく。

その柔らかな変化。丁寧な演出と演技が素晴らしい。

街から小屋までの長い道。

その道を歩く2人の距離が、

日を追うごとに短くなるシーンは印象に残る。

モードが心の赴くままに壁に描く絵は、

鮮やかな色彩で、その小屋を包んでいく。

2人は互いを求め合い、認め合い、結婚することに。

そんなある日、ニューヨークから避暑にきていた女性が偶然、

モードが壁に描いていた鶏の絵を見掛け、その才能を見抜く。

絵の創作を頼まれるモード。

最初の1枚は、5ドル。

そこから、モードの画家としての人気は一気に高まっていくが、

2人は…

「どんな人生でも、自由でいれば素晴らしい出来事が待っている」。

置かれた現実のつらさを肌触りのいいユーモアではね返すモードの強さをサリー・ホーキンスが迫真の演技で見せる。

頑固だけれど、優しさを秘めた漁師を好演する精悍な俳優イーサン・ホーク

2人のドラマは、一握りの優しさで人生が豊かに変わる可能性を秘めていることを穏やかに教えてくれる。