halukaブログ

やっぱり海が好き!

バー

街角のぬくもり2018。ラム・コークを楽しむ。

アルコール度数40度のWhite Rum(ホワイト ラム)を, コカ・コーラで割っていただく、 ご存じ、ラム・コーク。 アルコール度数47度のGin(ジン)を、 三ツ矢サイダーで割っていただく、 ご存じ、ジン・トニック。 アルコール度数40度のVodka(ウォッカ)を、 …

「ソウルの女王」アレサ・フランクリンの死去を悼む。

初めて見る実物のジャケットだった。 1981(昭和56)年12月19日、 日本武道館で解散のラストステージを飾った、 柳ジョージ&レイニーウッドのライブコンサートを収録したLPレコード。 もちろん、限定版。 そこは、通い慣れたバーで、 もう、大抵の秘蔵の品…

サントリーを味わいながら、マイケル・ジョーダンを想う。才能とは。

いつものように、サントリーの角瓶に誘われて、カウンターへ。 そのバーのオーナーは元バスケマン。 長身なのにポジションはガードだったっていうから、 精鋭が集うチームでボールを追い掛けていたに違いない。 けれど、そんなことは噯(おくび)にも出さず…

夏の夜の卓上の小さな花火

久しぶりにふと、懐かしいバーに足を向けた。 座りなれたコーナーで、飲みなれたいつもの最初のグラスを黙って待った。 すると、顔見知りのオーナーが、 肝心のグラスは持たずに、小さなフルーツ盛りを手に、ニヤリ。 あんまり似合わないけれど、人当たりの…

今日という日を満足のいくものに!

待ち合わせにぴったりのバーがある。 繁華街のかど。 週末のテーブルは、語り合う大人たちでおおよそ満席。 ガラスの扉がひっきりなしに開いたり閉まったりする。 分かりやすい場所にあるし、 遅い時間でも開いているので、 時折、その恩恵に授かって、老若…

サントリーウイスキーのグラスが重力を忘れるとき

重心の低いグラスが好き。 一口めは、少しハードなほうがいい。 指先が、グラスの重心を感じ取る。 知らず知らず、何杯かを飲み尽くす。 最後の一杯も、少しだけ濃いめのほうがいい。 指先が、重心を感じなくなっている。 いつの間、なんだろう。 そのかすか…

とっておきのカクテルとホイットニー・ヒューストンの歌声

毎日 毎日 私は望んでる 今日こそ最高の私を見せようと 今は一人だけど孤独じゃない 最高の日はまだ訪れてないの 傷つきながら 一歩ずつ前に進む 悦(よろこ)びを味わうため 苦しみに立ち向かうの いい時も悪い時もあるけど そのすべてを通して こんなにも…