halukaブログ

やっぱり海が好き!

スピリット

世の中の仕組みは変わる。あなたは変えてしまう側か、変えられてしまう側か。

「世の中に変わらないモノなどない」。 そう言い切れるでしょうか。 人に出来る事は、限られているのでしょうか。 「人間の能力には、限界がある」といった言い回しは、 本当なのでしょうか。 果たして世の中に、それは常に一定であって不変、 というものは…

捨てる神は、捨てて、拾う神を、拾おう!

「捨てる神あれば、拾う神あり」。 皆さま、ご存知のことわざです。 そもそも、「神を信じるか」という話にもなってしまいますが、 事がうまく運ばなかった時に、 「どう考えても運が悪かった」と、 「運」や「神」に頼ってしまったり、 「そのせい」にして…

人工知能の時代が来る。人は人らしく。家族は家族らしく。

人類の歴史において惨劇と言い切ってよいものの一つが戦争でしょう。 政治的に、あるいは地理的に、あるいは思想的に。 相手に優ったとしても、劣ったとしても、 勝ったとしても、負けたとしても、 そこには、想像を絶する痛手が残らざるを得ません。 ところ…

社会のボーダーレス化が新たな実益を生む。動くなら、今!

他人様は、あくまでも、他人様。 地縁も血縁も友情も愛情も、あるいは実益も、 なんの情けも損得もない他人様とのお付き合いは、 お互い、双方ともに、あるいは、三方ともに、 儀礼的、表面的なものになることが多いでしょう。 その結果としてと言った方が早…

今日は負けても、いつか、追いつく!賢者への キーワードは「無知の知」

「愚かな者が『私は愚かだ』と知れば、それは賢者」 (インドの原始経典 ウダーナヴァルガより) 人には、プライド(自尊心)やジェラシー(嫉妬心)があります。 立場やコミュニケーションの場面によって、 そのプライドやジェラシーに 思わぬ ″揺れ″ が生…

女を見抜けなくても、男を見抜けなくても、幸せになれる。

「男にとって、最も重要な仕事は、女を見抜くことだ」 by.ラクルテル 職場で、あるいは、井戸端会議で、 あるいは、バーのカウンターで、 「女って、分からないよな」というようなセリフと男が吐くと、 「男だって、分からないわよ」と女が言い返す。 最近は…

「自分対自分」の闘いに必ず勝つこと。「ダンマパダ」。

「自分に打ち勝つことは、他人に打ち勝つことより、優れている」 by.「ダンマパダ」 ″勝負″、あるいは″取引″、あるいは″交渉” というものは、 それが、「自分対自分」の場合もあるし、 「自分対他人」の場合もある。 あるいは、「自分1人対大勢」の場合もあ…